防災グッズ

あなたの防災グッズは非常用?それとも備蓄用?

今回はさまざまな防災グッズについて最適な仕分け方をお話しします。

結論から言うと大きく2つに仕分けます。

  • 非常持ち出し用(一時避難用)
  • 備蓄用

防災グッズを揃えても実際に使用する際、災害に遭遇した時なのかその後の避難所での生活用品として使用するものなのか、状況や今住んでいる環境、家族構成(人数や女性、乳幼児など個々で揃える必要がある方)などで使用するものや揃えるものは違ってきます。

例えば避難時にあらかじめ準備しておいた2リットルの水が入ったケースを持ち出すのは容易ではないように場面や状況に応じて最適なものを使うことが望ましいです。

ただ、ないよりあったほうがいい!質にも量にもこだわりたい!

そう考えるのが一般的です。

近年、毎年のように災害が起き防災意識が高まる中、防災グッズも様々なものが開発され出回っています。

それぞれのものがいつ使うといいのか、どうやって使うのか、どれぐらいの量が必要なのか考える必要があります。今回は非常用と備蓄用と大きく分けそれぞれ紹介していきます。

非常持ち出し用(一時避難用)

  • すぐに持ち出せる(持ちやすい、コンパクト、重すぎない)
  • 最低限の備え
  • 命を守ることを優先

 

<リスト>

リュック、キャリー

飲料水 500mlのペットボトルが望ましい

食料 手を加えないそのままで食べられるもの

ヘルメット

懐中電灯

携帯電話、予備バッテリー

ラジオ

レインコート、雨具

手袋

万能ナイフ (ナイフ、はさみ)

ロープ

ろうそく、ライター

防寒対策(衣類、使い捨てカイロ)

携帯ラジオ

筆記用具

身分証明書写し、お薬手帳

現金 1000円程度 硬貨で準備

救急セット

マスク

簡易トイレ

トイレットペーパー

ウェットティッシュ

ブランケット

布ガムテープ

貴重品

非常持出し用の中には特に安全に避難することを目的にヘルメットや手袋など身体保護を中心としたグッズを持ち出しやすいリュックやカバンなどに詰めていきましょう。キャリー付きがあると高齢者など簡単に運び出しやすいと思います。

食料に関しても基本的に手を加えないでそのまま食べられるものを選ぶことをオススメします。

備蓄用

  • 支援物資はおおよそ3日目からと意識づけ
  • 食料は5日〜1週間程度目安
  • 保管場所も居住環境を意識しておく
  • 衣食住を考えた生活用品

<リスト>

飲料水

食料、調味料

食器類

ラップ、アルミホイル

カセットコンロ

鍋類

懐中電灯

現金

市販薬

常備薬

救急セット

衛生用品(マスク、ウェットティッシュ、トイレットペーパー、簡易トイレ)

バスタオル、タオル類

衣類(着替え)

毛布

シート類(ブルーシート、レジャーシート)

ポリ袋

風呂シャワー道具(シャンプー、歯磨きセット、石鹸)

 

備蓄用に関しては避難所や車中泊、テントなどでの生活をする際に衣食住を中心に考え必要なものを詰めていきます。食事に関してはカセットコンロなどの調理器具や風呂・シャワー浴で必要なものといった日常生活での必需品を揃えていきましょう。

各地から心温まる様々な物資が送られてきますが交通状況によっては混乱が起きて輸送時間が必要以上にかかってしまうことや、多くの物資を仕分ける為のマンパワー不足、避難所によって物資の偏りが見られるなど救援物資のトラブルも少なからず考えられます。

まずは個人が生活をしていく上で必要なものを備えることを始めましょう。